スポンサーサイト

2019.08.03 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016年度、中禅寺湖釣行記・その5、撃沈は、熊のせい・・・?

    2016.06.08 Wednesday

    0
      JUGEMテーマ:トラウト
      2016年6月7日、おそらく今シーズン最後の中禅寺湖へ。
      深夜の東北自動車は所々雨。日光に入ると今度は霧。
      いろは坂は鹿に加え霧で、より慎重な運転を強いられます。
      午前3時頃に越後屋さんに到着。入漁証を購入・・・と、ちょっと嫌な情報を伺いました。
      とりあえず、いつもの場所から実釣開始。
      いい雰囲気ですが・・・
      水温約14℃。少し風もあります。モペット40Fで表層を攻めますが、一度ウグイ?らしきアタリがあっただけ。
      ならば、とアカツキで沖の表層、ボトムと攻めますが、これも反応がありません。
      およそ3時間ほどで最初のポイントを諦め、少し奥へ。
      小砂利の浜にはワカサギが沢山。春ゼミも時折水面に落ちています。
      出番かな・・・
      モペット33ペンシルべイトの一回り大きい35の試作と、アカツキ ロクマルの改造版。
      神奈川のY氏の釣りを参考に、発泡ウレタンのボデイをチカラわざで曲げ、浮くよう、ウエイトも軽くしてあります。
      時々、岸よりで派手なライズがありますが、単発で同調させるのが難しい・・・
      何か、魚もかなり学習しているような感じもします。
      あらら・・・
      スレ掛かりするくらい、この時期としては異常にワカサギが居すぎるくらいです。
      午前10時のタイムアップも迫り・・・
      ラストは見事、撃沈です。
      「残念だったな、また来な」と中禅寺湖は申している・・・ような気がします。
      釣れようが、釣れまいが、また来シーズンに必ず来ますよ、と。
      さて、越後屋さんでの嫌な情報、山側遊歩道の入り口にあります。
      コレです。
      さすがに、コレでは暗いうちから単独で奥に行く気にはなれませんね。
      本日の撃沈、悪いのは鹿ならぬ熊のせい、という事にしておきましょうかね。
      中禅寺湖のシーズンも終わってしまい、次は渓流になりそうです。
       

      スポンサーサイト

      2019.08.03 Saturday

      0
        コメント
        コメントする