2018年、片品川支流釣行記・その3、厳しすぎる最終戦・・・

2018.09.09 Sunday

0

    JUGEMテーマ:トラウト

    2018年9月8日、今シーズン最後の渓流釣行へ。

    仕事が忙しく、且つハードな為、日程的にも肉体的にも厳しい状況での釣行。

    土曜日ですし、朝イチ勝負かな、と午前2時に起床・・・・

    疲労感タップリの重い体を引きずりつつ、出発。

    道中、時折雨となり、川の水量や濁りが気がかり。

    午前4時50分くらいには下流部に差しかかるも、既に車が・・・

    自動的に下流のポイントを諦め、例の二股のポイントへ。

    意外と・・・・

    濁りはなく、水量は少ないくらい。

    開発中のハイパー35SSにて実釣開始・・・・・

    しかし、丹念に探るも全く反応なし。

    やむなく上流へ移動。前回釣った場所へ入ろうかと思ったら先行者の車が。

    仕方なく、さらに上流の岩盤帯のポイントへ。

    はっきり言って好みのポイントでもないので、普段もあまり入りませんが、ここも無反応。

    ここから先の上流は川幅も細く、水量も乏しくなりますので、ルアー向きではありません。

    下流へ向け折り返し。入れそうな場所を探すも、やはりそこかしこに車が停まっています。

    「こりゃあ、ダメだな・・・」

    ダメ元で、前回たまたま釣った広場のような場所へ。

    水が少ないですから・・・

    これでは魚が居るとは思えません。

    変化に乏しい場所ですので、少し水が多い状況でないと、まず可能性はないだろう、と。

    案の定、人も居ないが魚も居ない、という結果。

    写真より上は石の多い渓相になりますが、魚が定位できそうな深さのある場所がほとんどありません。

    草ボーボーで川の中を遡行するのもキツイものです。

    寝不足と疲労から車の中で少し休む・・・つもりが爆睡。

    3時間くらい寝てしまった様で、時計を見ると午前9時半くらい。

    車で引き返しつつ様子を伺うも、やはりほとんどの場所に釣り人の車が停まっています。

    入漁証も虚しい感じで。

    引き際も肝心かも、とここらで撤収する事に。

    最終戦も、完璧な撃沈となってしまいました。

    今年は渓流釣行がわずか3回、うち2回撃沈と酷い結果。

    まぁ、釣果だけを求めているワケでもありませんが・・・・

    試作、35SSの実釣テストが不十分です。

    これでは、来年度のデビューさせる事ができない状況です。

    35SSのテストは、引き続き来年度も行う事とします。

    散々な一日ですが、救いはうらしま堂さんでルアーを納入させて頂けた事。

    羽生インターから高速に乗り、蓮田SAでお土産を購入。

    くるみゆべし。

    自宅と会社へ。なかなか好評。

    さて、渓流も終わってしまいますので、次回の釣行は10月中旬以降の本栖湖になるかと。

    本栖湖なら、日曜日でも釣りになりますし。

    ただ、ここ数年、本栖湖も釣れなくなってきているのが心配。

    渓流もそうですが、行かねば絶対に釣れませんし。

    行ってれば、そのうち釣れる・・・・と思うしかないでしょうね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2019.08.03 Saturday

    0
      コメント
      お疲れ様です。
      ちょっとしたタイミングなんでしょうけど残念でしたね。
      私の方も良い報告送れなくて申し訳ありません。
      • by WanGo
      • 2018/09/09 10:45 PM
      コメントありがとうございます!
      改めて思いますに、土日は魚を探すより「釣り人のいない場所を探す」ような感じになってしまいます。
      特に、渓流釣りは釣り場としてのキャパシティ、魚の数も乏しい故、ある意味難しいですね。
      メゲずに、また来年頑張ります。
      • by モペット454030
      • 2018/09/14 8:38 PM
      コメントする