スポンサーサイト

2019.08.03 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    赤城フィッシングフィールドへ。

    2015.12.26 Saturday

    0
      JUGEMテーマ:トラウト
      2015年12月21日、埼玉のH氏からのお誘いで、赤城フィッシングフィールドへ。
      ホントに久しぶりの管理釣り場。もちろん赤城FFへは初めてです。
      ポンド一か所のようです。
      今回の「お題」は、モペット30Sをメインで使うのはもちろん、フライにも初挑戦する事。
      折角、H氏から頂いたフライタックルですが、なかなか出番が無かったりでして・・・(もちろん、マトモにキャストなんて出来やしませんし・・・)
      早速、実釣開始。まずはモペット33ペンシルべイトから様子見・・・ですが、まったく反応なし。
      ならば、とモペット30Sでカウント0からレンジを下げつつ攻めます。
      水色がかなり濁っています。アワビレッドに変えるとようやくヒット。

      ここまでで、魚の密度がやや低いのと、活性はあまり良くないと判断。
      ボトム付近をデッドスローで、の攻めに徹します。
      しばらくして、足元までリトリーブしてきたルアーに強いアタリ。
      「おおっ、良いサイズ」と思い、リールを巻く・・・が巻けない。何とベールにラインが絡んでいます。
      魚をいなしつつ、必死で絡んだラインのループを解いていると、運良くトラブル解消。
      モペット30Sヤマメカラーにて。
      いわゆる、管理釣り場のサクラマスですね。おおよそ45センチくらい。
      良くバレなかったものです。これが河川の魚だったら・・・なんて思ってしまいます。
      さてさて、これでルアーは一区切りついた?感がありますので、恥ずかしながらフライデビュー(こんなんで良いんか?)
      ビーズヘッドの赤いマラブーをチョイス。いざロールキャスト!・・・って、全然飛んでいないし・・・
      ところが、何と一発でヒット。う〜ん、喜んでいいのやら・・・ですが、逆に笑ってしまいます。

      その後、フライで数本ヒット。ついつい、ハマってしまいます。
      ルアービルダーがこれではイカン(???)、と再びルアーで攻めますが、たま〜に来るアタリも乗らず・・・
      久々のエリア、半日で充分満喫しましたし、渋い状況でのフライの強み、なかなか考えさせられますね。