スポンサーサイト

2019.08.03 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017年度、中禅寺湖釣行記・その2、雨ニモマケズ、疲レニモ・・・

    2017.05.14 Sunday

    0

      JUGEMテーマ:トラウト

      2017年5月13日、深夜0時頃に中禅寺湖へ向け、自宅を出発。

      本来なら、一泊二日の釣行としたかったのですが・・・

      仕事の見通しが曖昧で、土曜日が休みとわかった時点で宿の予約は取れず。

      日帰りの強行、おまけに天気予報は一日中雨。出発時には、既に小雨が降っています。

      何やら、テンションが上がりませんが、雨ならポイントの制約はないかもしれない、と言い聞かせつつ・・・。

      3時頃に越後屋さんに到着。入漁証を購入し、いつもの山側へ。

      いつものポイントには入れました。

      水温9.8℃、風は少しあります。

      短時間勝負となりそう。早速、まだ暗く雨が降り続く中、実釣開始。

      アカツキのロクマルで広く探ってみよう、とキャスト後ほとんど沈める事なくリトリーブ。

      そのわずか数投目、一定速で巻き始めると、ドスン、とヒット。

      グイグイと引く感じから、おそらくレイク。少し岸近くに寄せたところでヘッドライトで水面を照らし、岸の岩場へ誘導。

      今季一本目です。

      レイクトラウト55センチ。ルアーはアカツキのロクマル、ヒメマスカラー。

      写真がブレブレですが・・・

      何と、フックが鼻先の外側に掛かっていました。横からルアーを咥えたのでしょうか。

      早い時間に結果が出て、正直ホッとしました。これで早く上がってもいいですし。

      浅いレンジでヒットしましたので、タックルを40Fにチェンジ。立ち位置も少し左側へ移動。

      岸よりのカケアガリを静かに狙うと、左斜めからのリトリーブに再びヒット。

      薄暗い中、岩などに巻かれると厄介です。

      先ほどより少しライトなタックルですが、やや強引にやり取りし、無事岩場へ誘導。

      2本目もレイクトラウト。

      サイズは59センチ。ルアーはモペット40Fのアマゴオレンジべリー。

      ・・・辛うじて、オレンジベリーの一部が口の中に見えます・・・か?。

      この魚、以前釣られた形跡があり、フックによる傷か、目の上が白くふやけていました。

      感謝、感謝でリリース。

      明るくなったら早めに撤収しよう、と思いつつ、ルアーを40Fのウグイカラーに変更。

      数投目、なんとまたヒット。しかし、やりとりの途中にフックアウト。残念。

      この後、アカツキのハチマルも交え攻めますが反応なく、雨具の袖口からの浸水で気持ち悪いですし、体も少し冷えてきました。

      2本釣りましたし、腰にも負担はかけられません。日ごろの疲れもありますので、午前6時半頃に早めの撤収。

      ・・・あまりに早い上がりに、越後屋さんに驚かれてしまいました。

      この後は、一旦仮眠をとり、埼玉県羽生市のうらしま堂さんへルアーの営業でお伺いしました。

      それにしても、雨が魚の活性を上げたのか、時期が良かったのか。

      私の釣友が「釣りは行かなきゃ絶対釣れない」と言ってましたが、ホント、その通りです。

      雨にもめげず、頑張って行った甲斐がありました。

      ただ、雨の中の釣りはいつも以上に疲れます。